採用情報

先輩社員の声 3

2010年度 入社 田坂

PROFILE

所属部門・部署 工務課
担当している仕事 生産情報からの調達・生産・出荷のプランニング
最終学歴 経済学科卒業
田坂

新人研修で学んだことは何ですか?

ビジネスマナー研修と4カ月間の工場研修を行いました。3つの工場にそれぞれ1カ月程度製作を行い、ヘッド製作、制御盤、板金、実装と各工場製作過程と環境が違い慣れるのが大変でした。初めは右も左も分かりませんでしたが先輩方が優しく指導して頂きました。作業を徐々にではありますがこなせるようになりました。私は簡単な作業しか出来ませんが、ベテラン社員の方は高度な技術を持ち、品質が高くプロ意識を感じました。実際に自分で製品を製作すると会社の流れが分かり今後の仕事に役立つと感じました。今は工務課に所属していますが、研修で実際に製作したため、工場の人達とも顔馴染みになり仕事の連携が取りやすいです。今振り返ると全部の現場を経験する事で製品の流れが見え工務の仕事に役立っています。日々仕事をする上で、色んな方からビジネスマナーなどを教わっています。

入社してから振り返ってみて

入社した時は緊張と不安でいっぱいでした4ヵ月間ビジネスマナーや工場実習を行い会社の基礎を学ぶ事ができました。工場実習は、1ヵ月ごとに工場が変わり、製品によって工場も様々で毎日が新しい事の連続でした。文系の私は製作過程や製品について素人のため不安でしたが全部の工場で先輩方が優しくサポートして頂きました。現場を経験する事で工場の生産管理や工程管理の仕事に役立っています。工務課に配属になり2カ月になりますが、毎日が新しい事で勉強の連続です。現場の方が働きやすく能率が上がる環境を作り、お世話になった恩返しをしたいです。新人の私は、様々人に教えて頂き、日々仕事をしております。早く一人前になれるように精進していきたいです。

就職応援メッセージ

自分の可能性を広げるために、様々な業種の人に会い知識を増やし選択肢を広げて下さい。意外な分野の仕事に興味を持ち、考え方が変化する事があります。チャレンジ精神を持つことが大事だと思います。就職は人生の中で大事な事なので最大限の力を出して活動して欲しいです。仕事のやりがいは、どんな分野でも必ずあると思います。私も入社した時、今の仕事の内容をイメージ出来ませんでした。半年間働き、様々な経験をして意外と興味深く面白いと感じました。
文系、理系問わず電子部品やコンピューターに興味ある人もない人も構いません。少しでも興味を持った方はぜひ一度訪れて下さい。

2004年度入社 田中

PROFILE

所属部門・部署 営業統括部 第2営業課
担当している仕事 顧客対応,CS情報収集,技術情報の窓口業務
最終学歴 経済学科 卒業
田中

仕事をする心構えについて教えて下さい

営業という職種上、顧客満足を第一に考え仕事に取り組んでいます。
顧客満足を満たす事で、自社への評価向上へと繋がります。
そこで、会社から自分が何を求められているかを考える事が大切です。
目で見える結果と見えない結果が出てきます。業績の良い時もあれば悪い時もあります。
その良し悪しを繰り返し、成長しているものだと信じ仕事をしています。
自分の能力が上がれば、比例して会社の能力が上がります。
会社の能力が上がれば、必然的に顧客満足へ繋がるでしょう。

エデックリンセイシステムを一言で

ソフト開発、設計、製造まで一貫生産できる体制を築いています。
お客様のニーズに合わせ、少しでも要望にお応えできるよう、過去の経験を生かし協力していきます。

就職応援メッセージ

私は、数年前の就職活動で自分が何をしたいのか、どの様な仕事が良いか分かりませんでした。特にやりたい事もなく、漠然とした気持ちで就職活動をしていました。従って、この会社に入った後も無知の状態からのスタートでした。
かなり不安もあり、分からない事だらけでした。しかし、お客様から「助かった、ありがとう」と言われた時、物凄くやりがいを感じました。
その後は、お客様のためにどうすれば満足し、感謝していただけるかを考え、仕事に取り組んでいます。
職場の上司、仲間にも恵まれて楽しく仕事ができています。
是非、楽しい職場とやりがいのある仕事を見つけましょう。

2001年度 入社 川井

PROFILE

所属部門・部署 生産統括部 鈑金製作課
担当している仕事 CAD設計,鈑金製作
最終学歴 普通科 卒業
川井

入社後一番うれしかったことや感想は?

自分は鈑金製作課に所属していますが、その中でも重要なタレパンという機械の担当を任せてもらえたことです。エデックリンセイシステムの一員として認めてもらえたのだと感じ、非常にうれしく思いました。

今後の目標は何でしょうか?

鈑金の自社ブランド製品を持ちたいです。「こんな物があったらいいな、もう少し簡単にできないかな」というヒラメキや改善を常に意識し、コストダウンや品質向上に努め、それを自社ブランド製品の開発にも繋げていきたいです。

就職応援メッセージ

何事も新しいことに取組むときや新しい環境に入るときというのは、不安と緊張でいっぱいになります。しかし、その先には新しい知識や発見、出会いがあります。右も左も分からず入社した自分も、分からないなりに挑戦してみたり、先輩方に教えて頂いたりして得た知識や経験を活かして、今では毎日楽しく仕事をしています。就職は自分で自分の将来を決めることができるチャンスですので、自分自身のことをよく考え理解して、自分の納得のいくまで挑戦することが大切だと思います。

先輩社員の声 2 はこちら