m点

エデックリンセイシステム > お知らせ > 【ニュースリリース】多種多様なワークを供給するバラ部品フィーダー「BARAC」の受注販売を6月1日より開始

【ニュースリリース】多種多様なワークを供給するバラ部品フィーダー「BARAC」の受注販売を6月1日より開始

設置幅100㎜で多種多様なワークを供給するバラ部品フィーダー「BARAC」の受注販売を6月1日より開始
~汎用性の高いパーツフィーダーを低価格で実現~

 


株式会社エデックリンセイシステム(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:服部 友彦)は、重量120g以下の金属、樹脂成型などの小型部品をロボットへ供給し、ピッキングしやすい姿勢を作る汎用バラ部品フィーダー「BARAC(バラック)」の受注販売を2021年6月1日より開始いたします。

 
 
【「BARAC」開発の背景】
㈱エデックリンセイシステムは、ロボットを使用した多品種ワークを扱う配膳システムを数多く手掛けてまいりました。そのようなシステムにおいて、ロボット稼働エリア内に汎用的なパーツフィーダーを多数設置することが、段取り替え性を向上させ、システムの稼働率を高め、結果、生産性の向上に貢献すると考えました。ところが市販されているパーツフィーダーでは本要求に合致するものが見当たらなかったため、お客様のご要望に応えるべく、汎用性の高さと省スペースを両立した本製品の開発に至りました。

 
 
 
 
 
 

【「BARAC」の特長】
「BARAC」は、幅100㎜のコンパクトな筐体で、多種多様なワークに対応できる汎用パーツフィーダーです。
部品タンクに投入されたワークは、ワークに負担の少ない階段式の送り機構により、一定量のワークを
ステージ上に供給し、ワークに振動を与えることで、ロボットが吸着・把持しやすい姿勢をつくります。


 
 
 
1.多品種のワークに対応できる高い汎用性
1台で多品種なワークに対応しており、高い汎用性を実現しています。


 
 
 
2.幅100㎜のコンパクト設計
ロボットの稼働範囲内に横列レイアウトを行う事で、1台のロボットで多品種生産が可能となります。

 
 
 

3.汎用I/Oでコントール可能
コントローラーを選ばない、汎用I/O信号にて外部からのコントロールが可能です。

 
 
 

【「BARAC」の概要】
名称・型式 : BARAC(BRC-1010-AA)
販売開始日 : 2021年6月1日
対象ワーク : 厚み1.0㎜以上あり、60㎜×15㎜×15㎜(縦×横×高) 120g/個以下の製品
不可能なもの ・ゴムパッキン、チューブなどの摩擦係数の高い部品
・粘着性があるもの
サイズ : 94㎜×333㎜×563㎜(W×H×D)
外部入力 : 3点(異常リセット、供給信号、バラシ信号)
外部出力 : 2点(フィーダー正常、完了信号)
商品構成 : 本体、ステージプレート2枚、接続コネクタ1個
価格    : オープンプライス(商社販売の為、各商社にお問い合わせください)
初年度販売予定台数 : 100台
 
 

記事原文